読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆迷走記☆

練習記録だったり、違ったり。

もう高知でも売ってましたよ、RUN+TRAIL Vol.12 「削る愉しみ」

RUN トレラン ★これ嫁

RUN+TRAIL Vol.12 を早速GETしました。

今回の特集はファストパッキングです。

で、表紙のメッセージは「削る愉しみ」!!

 

RUN+TRAIL(12) 2015年 06 月号 [雑誌]: マクール 増刊

 

 昨日Facebookのページに本日発売と書かれていたので、高知だとまだ無いだろうなと思いつつ本屋さんを覗いてみてみたらなんとVol.12がもう売ってるじゃないですか。

ソッコー買いましたよ。

本日、いよいよ発売です!●RUN+TRAIL Vol.12特集はファストパッキングです。今回はとにかく、エキスパートの方々のアイテムに寄った内容としました。風景というよりアイテムの写真がたくさん出てきます。いつもとは少し違った仕上がりになっているかと思います。また今回は100ページ+16ページの増ページバージョンです。(お値段は変わらず)よろしくお願いします!

Posted by RUN+TRAIL on 2015年4月27日

 

 RUN+TRAILは読み応えもあるのだけれど、写真も豊富でそしてきれいなので、本文を読まずにページを繰るだけでも楽しいのです。

 

いつもはレースの風景や山の風景などがバン、バンと目に飛び込んできます。

そして、ああ、このコース走りたいなぁと思ったりするわけです。

 

今号は上のFacebookにも書いてるようにアイテムの写真が多いです。

キケンです。

使えもしないのに、ああ、このシェルター欲しいなぁとなります。(笑)

 

さて、今号はワタシ的に注目の記事が2つあります。(今は注目だけでなく、もう読んだのだけれど)

 

ひとつめは、特集のファストパッキングの中の記事の一つで、Sky High Mountain Works の北野オーナーの記事。

北野オーナーの価値観がビシビシ伝わってきます!

 

記事の内容も然る事ながら、北野オーナーの写真にビックリ。

 

Sky High Mountain Worksはちょっと遠くて*1お店には滅多に行けません。

記事の写真で久しぶりに北野オーナーのお顔を見たらお髭がマシマシになってました。

 

フィールドライフの小豆島の岩場を登る記事でもお髭はなかったのに。

フィールドライフ No.47 春号[雑誌]

フィールドライフ No.47 春号[雑誌]

 

 

ふたつめは IZU Trail Journey のレースレポート。

今回参加できなかったので複雑な思いがあるのです。

 

さて、このレースのコースは本当に素敵な場所を走らせていただいているのですが、今回は直前の天候の具合が悪くコースの痛みが激しい部分ができてしまいました。

現在はレースで傷んでしまったトレイルを走られた選手を含むボランティアの方々にて原状回復作業を何度かに分けて実施してくださっています。 (ありがとうございます)

[4/26IZU TRAIL Journey 2015 伊豆山稜線歩道 現状回復作業報告]作業個所:三蓋山周辺〜つげ峠周辺参加者:13名天候に恵まれ、コンディションの良いトレイル状況の中作業を行いました。乾いた土壌をならして踏み固...

Posted by IZU Trail Journey on 2015年4月25日

 

もし第四回が開催されるなら、完走できるようしっかり練習をして臨みたいレースです。(ぶな林と富士山が見たい)

 

最後に(その1)

本誌を読み始めて最初に私の目を奪ったのはP.4の「激坂好きのデザートはエッフェル塔」という文字。

 

「エコトレイル・ド・パリ 80km」というレースのレポートなのですが、コースがただものではないです。

 

ベルサイユ宮殿近くからスタートして森のなかを駆けてセーヌ川沿いにパリ市内に入ってエッフェル塔がゴールという豪華なコースなのですが、ラストはなんとエッフェル塔駆け上るとの事!

 

エッフェル塔だったら階段でも*2テンション上がるのかな?

(私信?:もしウルトラで地獄が見られなかったらこのレースはどうでしょう?)

 

最後に(その2)

トップに付けている RUN+TRAIL Vol.12 の表紙の左上、ロゴの上にはこう書いてあります。

「ロード10km走れたら山でトレイルラン

タイムリーだなぁ。

 


【関連情報】

RUN+TRAIL Vol.12はこちらからどうぞ。

【[関連記事】

前の号はこちらで紹介しています。表紙の方は??

 

*1:直線距離で200kmあります

*2:300段らしいです

広告を非表示にする

「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」