☆迷走記☆

練習記録だったり、違ったり。

【追記あり】台風と競走だ!第17回六甲縦走キャノンボールラン

ここの所はなぜか好天が多かったキャノンボールランですが、今回は荒天に恵まれそうですね。

今の台風の進路予想だと日曜日はゴールがある時間はまだ台風本体は到着してなさそうです。

それでもずっと雨なのは変わらないだろうし風も強くなると思いますので濡れ対策や寒さ対策を怠らないようにしなくては。

 【追記】

公式Facebookに注意事項が掲載されてます。制限時間も追加されてます。

必読です。

m.facebook.com

SPEED部門だと須磨浦公園駅に着いてからはずっと雨の中でスタートを待つことになるわけで、ゴールするまで濡れたままになります。

 

雨天という事で気温が上がらないので寒さ対策も重要です。

濡れていると風が吹くと簡単に体温を奪われます。私もマラソンなら雨でモンベルのULジャケットでしのぎますが、トレランの時はちゃんとしたレインジャケットを着ます。

マラソンは走り続けるので凌げるのですがトレランは止まる事も多いですし、雨のガーデンテラスは寒い思い出しかないので。

あ、FINETRACKはマストです。

 

天気が悪いと霧が出る事が多い訳ですが日暮れ後に霧になるとほんとうに何も見えないのでそういう時の大平山以降はご注意を。私は初キャノボで夜の霧の中橋ってトレイルに入る道を見落としました。

 

大平山といえばあの辺りに水が流れてできたようなV字型のトレイルがあるのですが壁の部分が粘土質なのでジグザグに壁を蹴って下っていってたら滑って転びました。LEDの光は質感がよく分からないんですよね。ご注意ください。

今回はここの所ずっと雨でしたので落石とか崩落とかにも気をつけないと。

 

さて雨天時のキャノンボールランですが、メリットもあります。

 

まずは山に来る人が少ないという事。

こちらは人数が多いので、ハイカーさん達や散歩の方とすれ違いの時とか待ってくださったりするのが心苦しかったりするのですが、それがなくなります。

また人が少ないということは自販機の飲み物も売り切れになりづらいという事です。これはありがたいです。

まあこれに関してはSPEED部門の場合は前夜にPOWER部門の方々が通っているので安心はできないのですけど。

あと個人的には暑いのが苦手なので雨天のほうが調子がいいときが多いという事でしょうか。

 

あ、雨天時の注意事項をひとつ思い出しました。

屋外のトイレではトイレットペーパーが湿ってる事があります。霧の影響もあるのでしょう。ご注意ください。

 

こちらからは以上になります。

 

広告を非表示にする

「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」