読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆迷走記☆

練習記録だったり、違ったり。

Zwift:自転車の世界でいつの間にか進んでいた仮想化がめちゃ楽しそうで羨ましい!

f:id:fukuihi:20160612185921j:plain

昨日、ちょっとしたきっかけで自転車界でバーチャル化が進んでいることを知って、驚いたとともにうらやましいしで、紹介というか記録しておきます。*1

ランニング界でも草の根でバーチャルレースとかエアレースとかあります。
公的レースでは「Wings for Life World Run」なんかは半バーチャル(?)な感じです。

ところが自転車界のそれはバーチャルレースやエアレースよりは一緒感がありますし「Wings for Life World Run」よりもお手軽です。

その自転車の世界での仮想化とは「Zwift」というサービスです。

Zwiftを知ることになったきっかけは、漫画家の椎名先生のこのツイートでした。

椎名先生が自転車に乗られている事は知っていましたのでこのツイートでの「ライダー」とは自転車のライダーなのだろうなという事は想像できました。
アバター」と書いているのでゲームかな?と思ってツイートを遡りました。

キーワードが出てきました。「Zwift」です。
PCに入れるみたいなのでやはりゲームかなと思ってぐぐってみると公式サイトがすぐに見つかりました。
こちらです。

zwift.com

トップページの動画をみるだけでどういうものか想像が付くと思います。
面白そうですよね。

自転車の世界では屋内で練習できるようにローラー台(サイクルトレーナー)が普及しているのは知っていましたが、こんなおもしろい事に発展しているのは知りませんでした。

Zwiftのサービスを受けるには、物理的には自転車の他には最低でもローラー台とスピードメーター、それにAnt+の受信機が必要で、さらにサービスの利用料には2週間の無料期間の後は月々10米ドルが必要のようです。

楽天で検索するとZwift対応のローラー台はポピュラーのようで安いのから高いのまでたくさんヒットします。Zwiftを始めるのにローラー台を持っていなくても費用的な敷居は高くはなさそうです。*2

ランナーとしても、このZwiftが使えると外を走れない時のクロストレーニングにいいかもしれません。
梅雨の季節も楽しく練習ができそうですし、夏も日焼けを気にせずに追い込みの練習ができますね。

ランニングの世界でもトレッドミルを使ってこういう事ができるサービスが出てくるんでしょうか?

まあ自転車界と違って、ランニング界の個人でのトレッドミルの普及率を考えると難しそうですね。
基本、外で走りたいですし、スマホ+スマートグラスという形態の方が普及しやすいですかね。*3

 

レースのエントリー料が高くなっている昨今、リアルレースではなくてもこっち方面で楽しむというのも有りかもしれません。 

こちらからは以上になります。


【関連情報】

この1歳刻みランキングも実際には一緒に走っていない人との勝負ですね。  

仮想化がポピュラーになると走行データが蓄積されるので、例えば10年後に今の自分と競争したり、過去の有名ランナーをゴーストにして走ったりできそうですね。  

 

*1:またもや書いているうちに日をまたいでしまったのでおとといの事となりました。

*2:ロードバイク沼にハマっている人にとっては?

*3:自分のゴーストがスマートグラスに映ってくれるだけでだいぶん練習がかわりそうです。

広告を非表示にする

「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」