☆迷走記☆

練習記録だったり、違ったり。

待ってました!IZU TRAIL Journey 2016 の開催日とエントリー開始日が公開されました

2013年3月10日 第一回IZU TRAIL Journeyのスタート地点の写真

次回の開催日を延期する旨のアナウンスから8カ月、とうとう IZU TRAIL Journeyの公式サイトで、2016年開催の IZU TRAIL Journey 2016 (以下、ITJ2016と略します)の開催日とエントリー開始日が公開されました。

まだ公式サイトのトップページでお知らせとして概要が掲載されただけで、詳細はまだわかりませんが、公開された内容を元に紹介します。

【2016/06/01 追記】

詳細が公開されました。最後に追記しています。

 

この記事は、以下の公式サイトのトップページに「2016.04.29」付けで記載されている「〔重要なお知らせ:伊豆トレイルジャーニー2016の開催日及びエントリー開始日について〕」を元に作成しました。

以下の記事中の引用で、個別に記載されていない場合は上記アナウンスが引用元です。

レースについて

開催日

  • 2016年12月11日(日)

制限時間

  • 14時間(6:00 スタート、20:00 締め切り)

いつもと変わらず、ですね。
また、途中に関門があるはずです。前回は3つの関門がありました。

距離

  • 72.4km

累積標高差

  • (+)3,310m

距離は100mしか違わないのに、累積標高は前回より1,100mほど減ってます。

12月開催という事でコースを調整したのか、アナウンスに記載されている以下のITRAの件が関係するのか、どうなんでしょうね。

*本年度より国際トレイルランニング協会(ITRA)承認の距離・累積標高に表示を変更しています。

でも、気になる方が多いと思われるポイントの方は付与予定らしいので、累積標高が減ること自体は歓迎でしょうか。

*ITRAコース承認申請予定(4ポイント※新ポイント換算)
*UTMB資格審査レース申請予定(4ポイント※新ポイント換算) 

 

エントリーについて

エントリー期間

  • 2016年6月1日(水) 10:00 〜 30日(木) 23:59

募集人数

  • 1,500名

正確には今回のアナウンスでは「参加選手数」と書かれているで、一般の抽選人数はこれよりも少ない可能性があります。

エントリー方法

なんと今回はスポーツエントリーです。またもやエントリー会社が変わってます。(笑)

第一回はJTBスポーツステーションでこれはなかなか酷かった*1ので、その次がローソンチケットに変わったのは分かります。
このエントリーでの回は開催中止となったので再度のエントリー、つまり前回は同じローソンチケットではあるのですが、名称がLAWSON DO SPORTSでした。

さらに今回はそのローソンとも別れて、スポーツエントリーに変わりましたよ、と。この変更はどうしてなんでしょうね。

エントリー方式

  • 抽選

ただし、以下の記載もあります。

*別途先着順にて松崎町西伊豆町ふるさと納税エントリー枠を設けます。(詳細は後日発表いたします。)
*募集人数に達しない場合は2次募集を実施いたします。

参加資格

  • 不明

一番気になる参加資格はまだ公開されておらず、続報を待つしかありません。

ちなみに前回の参加資格は以下のとおりでした。

参加資格
① 大会当日に18歳以上の男女。
② 全コースを迷うことなく制限時間内に完走の自信がある人。
③ 2012年4月1日〜2014年9月30日の間に30km以上のトレイルランニング大会(※追記事項参照)を1度以上完走した事がある人。
④ 伊豆トレイルジャーニー2014参加者(優先エントリー者のみ)。
※追記事項
 伊豆トレイルジャーニー2015大会競技規則中におけるトレイルランニング大会の定義
 1.コース全行程の距離を主催者が発表している大会。
 2.主催者により記録計測しておりその記録が主催者によって証明できる大会。
 3.コースのうち未舗装林道および山道の割合が全行程70%以上もしくは21km以上あるもの。
 4.累積標高差1,000m以上もしくは高低差500m以上あるもの。

(「IZU TRAIL Journey 2015 競技規則」より)

気になるのは③の条件ですよね。ここがどう変わっているのか。

なお上記④は、関東を襲った大雪のために開催中止となった幻の2014年大会に当選していた人という意味です。今回のITJ2016はこの項目は無いはずです。

 

さいごに

ITJの公式Facebookでは、この2月から数度にわたり、伊豆新聞に掲載されている宝蔵院の謎に関する連載記事が紹介されています。宝蔵院はITJのコース上でウォーターエイドが設置されている場所です。
続報を待っている間に読んでみてはどうでしょうか。コースに対する興味が増すのではと思います。

この連載を読まなくても、最新情報はこちらのFacebookに載りますので参加予定者は公式Facebookは要チェックです。

 

こちらからは以上になります。

 

【2016/08/18 追記】2次募集中です。

 

【2016/06/01 追記】 

詳細が公開されました。一緒にどうぞ。

 


【関連記事】

 

*1:エントリーの集中を捌けずにダウンした。

*2:"TRAIL"の部分が英小文字で見た目ぱちもんくさいのですが、間違いなく公式です。

広告を非表示にする

「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」