読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆迷走記☆

練習記録だったり、違ったり。

マラソン王国 徳島! フル完走者率で全国一位!!

ランナーズ2015年7月号の付録の小冊子「第11会 全日本マラソンランキング」で、なんと徳島県が「都道府県別フルマラソン完走者」の「人口比率」で
全国1位となってます!

 

ちなみに高知県は四国では3番目です。

 

徳島県は人口比1.34%で1位になってます。

 

実はこれには少し理由があります。

 

それは集計期間に地元のとくしまマラソンが2回開催された為に、地元ランナーの数が例年より多く加算されています。

 

ただそれでも、人口比の値を半分にして 0.67%としても、全国3位タイです。

 

徳島県はマラソンブームなのでこの結果には納得ですね。

 

本当にどこでもランナーがランニングしています。

 

なんといっても酷道を走っている人も居ましたからね。

地元の人にとっては当たり前なんでしょうけど、車を運転するほうとしてはドキドキです。

 

ブームの証をもうひとつ。

 

こちらの東京で開催されるウルトラマラソンのページに、この6月6日に開催されるレースの「参加のご案内」のPDF版へのリンクが貼られています。

 

東京・柴又100K

 

この参加のご案内のP.11に都道府県別のエントリ者数が載っています。

 

四国からの参加人数は愛媛県が8人で1位、次いで徳島県が6人で2位となっています。

この順位はそのまま、関ヶ原より西新幹線が止まらない県の順位となっています。

 

愛媛の人も、徳島の人も、飛行機代と宿泊費をはたいて駆けつけるんですよね。

で、他の西の人はそこまでして東京まで行く人は余りいないという。

 

ちなみに上で書いた、人口比の値を半分にした時の全国3位タイの、もうひとつの県は愛媛県です。愛媛県もマラソン王国なんでしょうね。

 

そんなマラソンブームの徳島県ですので健康的に思えるかもしれませんが、なんと糖尿病に関して全国ワースト1位なのです。*1

 

2極化してるんですかね。

 

ちなみにワースト2位は香川県です。。。

 

なんだか原因がうすらぼんやり分かる感じがしますね。

 

さて最初に紹介した全日本マラソンランキングですが、他にも2004年からの「完走人数の推移」、「年代別完走人数の推移」、昨年度の「タイム分布」、年代別の「タイム別順位早見表」も載ってます。*2

 

興味のある方はランナーズ7月号をどうぞ。

ランナーズ 2015年 07 月号 [雑誌]

ランナーズ 2015年 07 月号 [雑誌]

 


このブログ、今は何位? →


 【関連記事】


*1:新聞記事へのリンクは面倒なので控えます。

*2:いずれも男女別に見れます。

広告を非表示にする

「当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」